゜・:*月鏡華*:・゜
こぼれる想いは、風に乗せた。いつかあなたに届きますように・・・―
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

望むのは・・
傍にいてくれないと、不安で。
隣にいてくれると、
いつか訪れる別れが怖い・・

つらくて。
押しつぶされそうに苦しくて。

室内に響く雨音。
あたしはまだ、涙を流せないでいる。

あの日々の記憶が、零れ落ちそうで。
けれどこんなに苦しいのなら、
忘れてしまいたいとさえ思ってしまう・・

不安定なあたし。
他の誰かじゃダメなんて、もう分かってた。

ずっと、
貴方に抱きしめてほしかったんだって。
スポンサーサイト
願い。
心が揺れる原因が貴方にあるのなら。
すべてを閉ざしてしまえば良い。


貴方は強くて優しい人。
弱いところは、見せてくれなかった。
今、隣にいるのがあたしじゃなくても。
貴方の幸せを願うよ。

なんて偽善。
なんて薄っぺらい願い。

それでもあたしは願いたい。
ホントは
あたしが1番傷つくのを怖がってるのに・・



だから、
視界に入ってこないで。
声の届く場所に。
この手の届く場所にいないで。

触れたいと思っちゃいけない。
逢いたいと思っちゃいけない。


けれど、お願い。
どうか笑っていて。
距離。
空が涙を零すから
なんだか、あたしも切なくて。

目を閉じて
君を思い出そうとするのに。
どうして・・・
壊れた鏡に閉じ込められる。
あんなに近くにいたのに。
そう思ってたのは・・あたしだけ・・・?

この手を伸ばすことさえ、もうできないなんて。
ごめんね、さよなら
そっか・・
うん。貴方がその気なら。

あたしだって、疲れちゃった。
待ってる時間って長いんだよ・・?
もう・・限界だよ。


貴方のことなんて、忘れてあげる。
逢いたくて。。
前に貴方は
あたしたちの恋を、ブランコに例えたね。
行ったり来たり。
すれ違う・・

そしてあたしは
花火に例えた。
長い時間をかけて作り上げられる。
たった一瞬だけ輝いて、消えるために。


どうして
自分に自信が持てなかったのかな・・
貴方への想いが薄れるはずない、と
こんなにも確信を持って言えるのに。

貴方に触れているだけで
簡単に手に入っていたと思った幸せは
泡沫のような夢だったなんて。

あの時なら、
まだこの手は届いたのか・・なんて意味のないこと。


どうしようもなく貴方に逢いたい夜。
凍えた体をぎゅっと抱きしめて。
闇から抜け出す術も
分からないまま・・


カウンター

現在の閲覧者数:



プロフィール

日高 沙紅羅

Author:日高 沙紅羅
Birthday:2.24
Constellation:うお座
Blood type:AB型

゜・:*月鏡華*:・゜へようこそ。
稚拙な文章ですが、少しでもあなたの心に響きますように。

尚、当サイトはリンクフリーです。
ご自由に貼ったりはがしちゃったりしてくださって構いませんが、無断転載やパクリなどはご遠慮ください。
それでは、どうぞごゆっくりお楽しみください



フォローお願いしますっ






開設:2008.6.28



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



ブログランキング

何か感じるものがあったらポチッとよろしくお願いします。あなたの一押しが私の励みになります♪

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



QRコード

QR



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。