゜・:*月鏡華*:・゜
こぼれる想いは、風に乗せた。いつかあなたに届きますように・・・―
いつ、泣けばいいの?
涙がこぼれそうになったとき
それを堪えろというのなら
いつ
この涙を流せばいいのだろう

世界は無情で
      ―残酷

こぼれそうになった涙とともに
この体さえ、崩れてしまえばいいのに

崩れた体を
こんな私を
誰が支えてくれるというのだろう?

人と人とのかかわりは
いつか枷となり
私を縛る

人と人とのかかわりは
私にとって枷でしかない

それでも
こみ上げてくる涙を止められなくて

いつ
この涙を流せというのだろう?
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://novel859.blog39.fc2.com/tb.php/189-30dd5de8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

現在の閲覧者数:



プロフィール

日高 沙紅羅

Author:日高 沙紅羅
Birthday:2.24
Constellation:うお座
Blood type:AB型

゜・:*月鏡華*:・゜へようこそ。
稚拙な文章ですが、少しでもあなたの心に響きますように。

尚、当サイトはリンクフリーです。
ご自由に貼ったりはがしちゃったりしてくださって構いませんが、無断転載やパクリなどはご遠慮ください。
それでは、どうぞごゆっくりお楽しみください



フォローお願いしますっ






開設:2008.6.28



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



ブログランキング

何か感じるものがあったらポチッとよろしくお願いします。あなたの一押しが私の励みになります♪

FC2Blog Ranking



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



QRコード

QR



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる