゜・:*月鏡華*:・゜
こぼれる想いは、風に乗せた。いつかあなたに届きますように・・・―
愛のカタチ
愛しているから
そばにいたくて

愛しているから
その涙を拭ってあげたくて

愛していたから
そばにいすぎたから
君の涙に
哀しみに
気づいてあげられなかったんだ・・・

離れるしかなかった

君の涙の原因は俺だから

悲しい思いをさせるくらいなら

俺がその涙を拭うことができないのなら
君の前から姿を消そう

そう心に誓った

それなのに
情けないな
まだこんなにも未練がある

もう一度君に会うことができるのなら
言いたいことがあるんだ



ありがとう


そして


愛しています



永遠に



ただ思うがままに
書きなぐったポエムです(昔に)

1年位前かな?

向いてないんだけどね、
ポエムは・・・

でもスキだから
今日もつらつらと
駄文を書いています^^w
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://novel859.blog39.fc2.com/tb.php/56-ddb6d611
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

現在の閲覧者数:



プロフィール

日高 沙紅羅

Author:日高 沙紅羅
Birthday:2.24
Constellation:うお座
Blood type:AB型

゜・:*月鏡華*:・゜へようこそ。
稚拙な文章ですが、少しでもあなたの心に響きますように。

尚、当サイトはリンクフリーです。
ご自由に貼ったりはがしちゃったりしてくださって構いませんが、無断転載やパクリなどはご遠慮ください。
それでは、どうぞごゆっくりお楽しみください



フォローお願いしますっ






開設:2008.6.28



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



ブログランキング

何か感じるものがあったらポチッとよろしくお願いします。あなたの一押しが私の励みになります♪

FC2Blog Ranking



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



QRコード

QR



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる