゜・:*月鏡華*:・゜
こぼれる想いは、風に乗せた。いつかあなたに届きますように・・・―
その笑顔に、恋をした。
明るい君が好きだと思った。

けれど、気付いたのはいつだったか。

「大丈夫」って笑うほど
君の心は揺れていること。
誰にも見せない心の底。

まだ、見ないふりをしているから。
いつか君から開いてほしい。
抱きしめてもいい距離に行かせて。


* * *

とってもお久しぶりです。
仕事が忙しすぎて全然パソコンに触れませんでした。
朝6:00に出てって夜11:00過ぎに帰ってくる日々・・・。
土日も勤務があったり家で仕事したりだったので、なかなか自分の時間が作れなくて
やっと触れました。パソコン。
スポンサーサイト
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://novel859.blog39.fc2.com/tb.php/619-945bd2ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

現在の閲覧者数:



プロフィール

日高 沙紅羅

Author:日高 沙紅羅
Birthday:2.24
Constellation:うお座
Blood type:AB型

゜・:*月鏡華*:・゜へようこそ。
稚拙な文章ですが、少しでもあなたの心に響きますように。

尚、当サイトはリンクフリーです。
ご自由に貼ったりはがしちゃったりしてくださって構いませんが、無断転載やパクリなどはご遠慮ください。
それでは、どうぞごゆっくりお楽しみください



フォローお願いしますっ






開設:2008.6.28



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



ブログランキング

何か感じるものがあったらポチッとよろしくお願いします。あなたの一押しが私の励みになります♪

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



QRコード

QR



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる